認印とは

| コメント(0) | トラックバック(0)
mitomein_image[1].jpg

実印、銀行印以外の印を認印といいます。認印は、一般的に宅急便の受け取りや申し込みなど、日常生活の中で使っているもので、一番、身近な印鑑となります。

また認印は三文判とも言いますが、昔の認印は安っぽい作りの印鑑が多かったことから「二束三文」という言葉から三文判と呼ばれるようになりました。

最近では一番使用頻度が高い印鑑として、大切にされるようになりビジネスマンなど認印を使用する機会が多い職業の方の間で、チタン印鑑の認印など、高価な認印も流行しているようです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.toho-ods.com/mt/mt-tb.cgi/13

コメントする

このブログ記事について

このページは、hankoyaが2010年8月30日 18:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「実印・銀行印・認め印の違い」です。

次のブログ記事は「銀行印とは」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。