実印とは

| コメント(0) | トラックバック(0)
jitsuin_image[1].jpg

個人の実印とは、市区町村に印鑑登録をした印鑑のものといい、自分自身を証明する大切な印鑑です。

印鑑登録とは、印影により個人を証明する制度です。
印鑑登録をしたことを証するものが印鑑登録、最近では、カード型の印鑑登録証が増えてきています。

登録した印鑑の印影(捺印面)と登録者の氏名、住所、生年月日などを記載したものを印鑑登録証明書(印鑑証明)といいます。
これらの手続きが完了した印鑑のことを、実印といいます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.toho-ods.com/mt/mt-tb.cgi/15

コメントする

このブログ記事について

このページは、hankoyaが2010年8月30日 18:34に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「銀行印とは」です。

次のブログ記事は「実印、銀行印、認印の役割について」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。