実印、銀行印、認印の役割について

| コメント(0) | トラックバック(0)
jgm_image[1].jpg

実印、銀行印、認印というのはそれぞれ利用される場面での、印鑑の名称です。同じ印鑑でも、使用する目的によって、印鑑の名称がそれぞれ異なります。

街角で100円で売られているような、安い印鑑でも実印として市区町村に手続きを行えば、実印として登録出来ますし、開運など姓名判断のもとで作られた高い印鑑を、実印や銀行印としてのほか、認印としても利用することが出来るのです。

実印、銀行印、認印とは、ユーザーがどのような印鑑の使い方をするかによって、まったく役割が異なる印鑑になります。

印鑑の格安通販【オンラインはんこ専門店】
はんこカンパニーでは個人・法人印鑑を種類豊富に取り揃えております!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.toho-ods.com/mt/mt-tb.cgi/16

コメントする

このブログ記事について

このページは、hankoyaが2010年8月30日 18:36に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「実印とは」です。

次のブログ記事は「訂正印とは?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。