2011年6月アーカイブ

一般的な認印と言うのは、一番使う頻度が高い印鑑。

もちろん自分の証明になりますが、一応は実印ほどの効力はありません。

要な書類に関しては、印鑑証明を求められますが、

認印はそんな感じの印鑑ではありません。

宅のとりやすいとこにおいて、宅配便や郵便物の受け取りに使ったり、

子供の保護者印に使うことくらいでしょう。


しかし、これも印鑑。

悪用されたりコピーされたら大変ですから、

一応は使い方を考えてあちこちに印鑑を押すことがないようにしましょう、

子供の出が届くところに置いておくと、

いたずらをすることもありますから、気をつけることも大切です。

印鑑の取り扱いについては、どんなものだって気を使いましょう。

認印だって印鑑ですから。

このアーカイブについて

このページには、2011年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年5月です。

次のアーカイブは2011年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。