印鑑社会

| コメント(0) | トラックバック(0)
日本は、一般的に印鑑社会と言われています。

土地の売買や家の購入や車の購入、お金を預ける際の銀行印、宅配物の受け取りなど、すべて印鑑で行います。
印鑑についても、実印や法人印、銀行印に認め印と種類があります。
上に述べたことは、日本人である私達には、当たり前のように感じますが、サイン社会である諸外国の人にとっては、違和感があるそうです。

この歴史の背景として、土地の区画整理を行う際に、当時は、国民の大多数であった農民への教育が不十分だったというともあり、文字を書くことができない事ことがあり、印鑑を使用したという説があります。

自分の知らない文字の印鑑を捺印するというのも面白い話ですよね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.toho-ods.com/mt/mt-tb.cgi/31

コメントする

このブログ記事について

このページは、hankoyaが2012年1月29日 16:24に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「印鑑は何個お持ちですか 」です。

次のブログ記事は「役割分担」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。