法人印の場合

| コメント(0) | トラックバック(0)
みなさん、法人印という言葉は聞いた事があるでしょうか。

法人印とは、会社代表印、会社代表印、角印らを総称したものをいいます。
これらの印鑑は、会社同志の契約書や請求書、見積書等に使用します。

一見、とても効力のある印鑑のように思えますよね。良くそれらの書類の会社名の横に捺印してあるちょっと大きめの印鑑の事です。

この印鑑の中に、個人でいうシヤチハタのような印鑑があるってご存知ですか。
実は、法人印のうち、角印は個人でいう認め印にあたります。

私も初めて知った時には意外に思いましたが、効力としてはそうだそうです。かなり立派なシヤチハタだと思うと面白いですよね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.toho-ods.com/mt/mt-tb.cgi/34

コメントする

このブログ記事について

このページは、hankoyaが2012年4月28日 15:19に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「印鑑の役割」です。

次のブログ記事は「印鑑」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。