印鑑の最近のブログ記事

印鑑の役割

| コメント(0) | トラックバック(0)

皆さん、こんにちは。

突然ですが、実印・銀行印・認め印の役割ってなんだかわかりますか。
実印は、個人単位で契約書類等に使用する印鑑となります。

いわば、個人の証明印です。
銀行印は、銀行で通帳を作る際に使用する印鑑で、これについても個人の証明印となります。
最後に、認め印ですが、これは宅配物等の伝票等へのサイン変わりの印鑑となります。

どれも個人を証明するものとなります。
いわば、印鑑の役割ですよね。
では、法人印ってどんな印鑑だと思いますか。

会社を運営している方であれば、わかると思いますが、会社を証明する印鑑となり、種類としては会社代表印・会社銀行印・角印が主だったところとなります。

これらの役割に関しては、後日お話したいと思います。

役割分担

| コメント(0) | トラックバック(0)
私は、社会人に成り立ての頃から使用している印鑑が3本あります。

その3本とは、実印、銀行印、認印ですが、約10年間の社会人生活において、それぞれしっかりと役割を果たしてくれました。

初めて購入した車で、実印を使用しましたし、始めてもらった給料の通帳も銀行印を使用しました。
認め印に関しては、ほぼ毎日、使用していました。

本当に印鑑って使用する機会が多いですよね。
そんな私は、最近、あらたな印鑑を購入しました。
何の印鑑かというと法人印です。
会社代表印、会社銀行印、角印です。
実は、長年の夢であった企業をする事が昨年、できました。

今後は、これらの印鑑とそれぞれの思い出ができればいいなと思います。

~追記~

印鑑の種類が何種類あるのかとか、そういったことは知っていても実際の使い方があわからないという人は多いのではないでしょうか。
そのような疑問を解決してくれるサイトを見つけました。
印鑑お役立ち.com」というサイトで、その名の通り印鑑を持つ上で役立つ情報が盛りだくさんです。
皆さんもぜひ一度訪問されてみてはいかがでしょう。

印鑑社会

| コメント(0) | トラックバック(0)
日本は、一般的に印鑑社会と言われています。

土地の売買や家の購入や車の購入、お金を預ける際の銀行印、宅配物の受け取りなど、すべて印鑑で行います。
印鑑についても、実印や法人印、銀行印に認め印と種類があります。
上に述べたことは、日本人である私達には、当たり前のように感じますが、サイン社会である諸外国の人にとっては、違和感があるそうです。

この歴史の背景として、土地の区画整理を行う際に、当時は、国民の大多数であった農民への教育が不十分だったというともあり、文字を書くことができない事ことがあり、印鑑を使用したという説があります。

自分の知らない文字の印鑑を捺印するというのも面白い話ですよね。
個人の方であれば、実印、銀行印、認め印などとなるでしょうけれども、会社を経営している方であれば、法人印、角印などが増え、けっこうな数の印鑑を所有することとなります。

ちなみに私も、小さいながら会社を運営していますので、社員に渡してある認め印等も含めると、印鑑の数は50本を超えています。会社を開業する際に、インターネット通販にて、1度に発注しました。確かその際は、大量発注割引と、法人印等のセット割引などでかなりお得に購入できました。

もし、これから開業等をお考えの方がいましたら、インターネットの印鑑通販での購入をお勧めしますよ。

実印、銀行印、認め印とそれぞれによって、求められる役割は異なります。

実印や法人印といった印鑑は、使用頻度はすくないものの、重要な契約等で使用しますので、印鑑の文字が他と同じものだと困ります。

オリジナル性が求められます。
銀行印に関しても、同じ事がいえますが、銀行印と実印を同じにしている場合、印鑑を紛失する可能性が多少でも高くなりますので、違うものを用意した方がいいと思います。

認め印に関しては、先に述べた印鑑とは、全く異なる役割を求められます。
それは、利便性です。
宅配便が来たら直ぐに捺印できるよう、やはりシヤチハタのように、朱肉が一緒になっているタイプがいいと思います。

もし、あなたの使用方法で、どの印鑑をと迷っていましたら、ハンコ屋さんに相談下さい。

法人印

| コメント(0) | トラックバック(0)
 このブログのタイトルの通り、個人の方であれば、『実印、銀行印、認め印』が所有する印鑑の種類となります。
また、それぞれの用途に合わせて、ハンコ屋さんに文字を彫ってもらったり、シヤチハタを利用しているのではと思います。

 これが会社であれば、『法人印、銀行印、角印、割印』となります。
今回のタイトルである法人印とは、個人でいう実印となります。
個人でいう実印という事で、やはり印鑑の種類としては、象牙や牛角を選択される方が多いです。
また、上に述べた4点をセットにして販売しているハンコ屋さんも多いですから、ぜひ相談してみて下さい。

法人印とは

| コメント(0) | トラックバック(0)
個人が印鑑を登録すると同じで、会社も設立をすると法務局に登録をしなければなりません。

要するに、個人の印鑑登録がその個人の証明であるように、会社が印鑑登録をするとその会社の証明になります。

その時の印鑑を代表印(又は実印)といいます。

この印鑑のほかに銀行印、角印、割印の4本のことを法人印といいます。
その他に会社では、小切手用のゴム印を作ることもあります。

個人の実印同様、法人印も大切な印鑑です。http://www.hankoya.co.jp/

どうか気に入ったもので、信用ある印章屋で作ってください。
自分の会社の繁栄を願って、ぜひ良いものをお持ちください。

どんな印鑑をお使いでしょうか?
安いものなのよという方でも、使っていくうちに古くなってしまいます。
時には欠けたり、変色をしたりと形状が変わってしまっては大変です。
印鑑は専用ケースを必ず用いて使うようにしましょう。

又、通帳などといっしょにしておかない方が
悪用される確率はぐっと減ります。
高級な印材を使っているという方は、取扱注意をよく見て、
正しい使い方、保管を心がけてください。
実印の保管は特に注意が必要ですよ。

悪用防止、長持ちをさせるために、
きちんと保管をすることは最も大切なことですよ。
昔の日本なら意の地の次に大切なものという存在なのですから。
花押は、印鑑とはまた違い、いうなればサインのようなものです。
名前ではなく、これが目印というようなものですから、
今でいうタレントのサインのようなものです。
スポーツ選手、歌手などそれぞれにサインを持っていますが、
ファンの方はどうしてもほしいものでしょう。

花押の時代はあまり長く続くことはなかったのですが、
今になってそれぞれ昔の花押を見る度、まさにタレントのサイン
そのものの形を見ることになります。
歴史を彩る人物の花押は、無骨で力強いものが多く、
お公家さんのものは優美なものが多いのが特徴です。

では、現在のタレントのサインはと言うと、そのような特徴は
これと言って見つけられませんが、ファンにとってみれば、宝そのものでしょう。

一般的な認印と言うのは、一番使う頻度が高い印鑑。

もちろん自分の証明になりますが、一応は実印ほどの効力はありません。

要な書類に関しては、印鑑証明を求められますが、

認印はそんな感じの印鑑ではありません。

宅のとりやすいとこにおいて、宅配便や郵便物の受け取りに使ったり、

子供の保護者印に使うことくらいでしょう。


しかし、これも印鑑。

悪用されたりコピーされたら大変ですから、

一応は使い方を考えてあちこちに印鑑を押すことがないようにしましょう、

子供の出が届くところに置いておくと、

いたずらをすることもありますから、気をつけることも大切です。

印鑑の取り扱いについては、どんなものだって気を使いましょう。

認印だって印鑑ですから。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち印鑑カテゴリに属しているものが含まれています。

次のカテゴリは押印する場所です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。